動画で施設見学

動画をアップしました

「施設の様子や雰囲気を知りたい!」「見学したいです!」とのお問合せをいただくことが多いですが、現在コロナウイルス感染拡大防止のため入居者様への面会やご訪問者の制限をしています。そこで、少しでも施設の様子を感じていただけるように動画でご紹介します。

喜多乃郷外観

地下鉄名港線六番町駅2番出口より東に10分程度歩いたところにあります。建物は町の景観に合わせた色調にしています。地下1階から地上7階建てです。公共交通機関でもお車でもご来訪いただけるよい立地です。名古屋駅や栄にも電車で20分程度で行くことができ、仕事の後に出かけるスタッフもいます。2018年にオープンしたららぽーと名古屋にも電車で5分ほどです。生活するにはとてもよい場所です。また、車通勤ご希望の方は職員専用の無料駐車場があります。

1階フロアのご案内

1階にはパブリックスペースがあります。自由に利用することができます。本棚には介護に関する本はもちろんのこと、昭和時代を懐かしむことができる雑誌や写真集、図鑑などもあります。なぜか漫画も置いてあります(笑)。スタッフの自宅にあったものを寄付していただき、立派な本棚になりました。回想法コーナーにはダルマ落としやメンコなどのおもちゃがあります。昔の生活用品の写真があるので、入居者様と一緒に見ると話に花が咲きます。喫茶コーナーはゆったりとした音楽がながれのんびりしたひとときを過ごすことができます。フロアだけでなく、少し場所を変えることで生活空間が広がります。今は開催が難しいですが、ボランティアによる合唱や演奏会、魚の解体ショーなど観覧できるスペースにもなっています。

リビングの様子

喜多乃郷には各フロアに2ユニットずつあり、全部で10ユニットあります。ユニットには植物の名前がついていて階によって色を変え特色をつけています。エレベーターホールやリビングのしつらえは各フロアのスタッフが考え、季節に合わせた飾りつけや自宅のリビングと感じていただけるように飾り棚やソファを置いたりと工夫されています。同じ施設ですが、別の場所に来たような気持になります。食事の時間や入浴の曜日など、ある程度の日課は決まっていますが体調や気分によって暮らしのリズムは変ってきます。限られた中ではありますが希望に沿った暮らしができるように取り組んでいます。

屋上からの景色

7階は屋外に出られるようになっていて、小さい庭園になっています。少しですが、お花や野菜を育てています。夏にはキュウリやトウモロコシなど、冬には白菜やかぼちゃなどを…上手く成長した時には入居者様と一緒に収穫をしています。入居者様の方が園芸に詳しいので教えてもらっています。

屋上からはビル群が立ち並ぶ場所や公園の木が茂り爽やかな雰囲気を感じる場所など様々な景色を楽しむことができ、車の音から鳥のさえずりまでさまざまな音楽を聞くことができます。外の空気にふれたい時、気軽に気分転換することができます。

休憩室①

休憩室その①です!スタッフの休憩室は2か所あります。畳スペースがある部屋とソファがあるところと好みに合わせて休憩することができます。ソファはゴロンと寝転ぶことができるので、ついつい爆睡!?してしまうスタッフのいます(笑)。お昼ご飯も注文することができ、栄養バランスの摂れた食生活を送ることができます。喜多乃郷の食事は入居者様から、スタッフからも「美味しい」と評判です。しっかり休憩してメリハリをつけることはよい仕事にも繋がります。

機械浴室

浴室は個浴、リフト浴そして機械浴の3種類あります。入居者様のお体の状態に合わせて入浴していただけるようになっています。入浴はマンツーマンで対応しています。「そろそろお風呂に入りましょうか~」と声を掛けて、浴室へ行きます。機械浴も同じように一人のスタッフが対応するように心がけています。対応するスタッフがコロコロと変わると入居者様が不安になったり、急かされているような気持ちになります。お風呂は楽しみにされている方が多いのでゆっくり気持ちよく入っていただける環境になるよう工夫しています。

施設長のあいさつ

私たち社会福祉法人 喜多会(きたのかい)は名古屋市熱田区で平成19年4月より特別養護老人ホーム喜多乃郷を1件のみ運営しており、今後も増やす予定はありません。その理由はこの1件のみに力を集中させ、この喜多乃郷を良い施設にしていこうと考えているからです。施設を何件も持ってしまうと力(人材)が分散され介護の質を維持することが難しくなってしまうからです。法人の規模としては決して大きくはありません。しかしながら規模が小さいからこそ様々な事に対して柔軟に対応することができます。だからこそ施設からの指示ではなく職員一人一人が自由に意見を出し合いながらみんなで物事を決めていくことができるのです。施設理念【自由に生き生きと自分らしく】は入居者様だけでなく職員に対しての理念でもあります。職員一人一人の個性や考えを施設運営に生かしていき、みんなで良い施設に作り上げてもらいたいと考えております。

初めて社会に出られるお子様に対してご心配な事や成長が楽しみなど様々な思いがあるかと思います。そのような保護者の方々の思いを私たちは忘れることなく施設一丸となって指導・育成に努めてまいります。


特別養護老人ホーム 喜多乃郷
施設長 宮部